シンガポールぶらり旅

シンガポールをどのように観光するか?

悩ましい課題だ。

というか、観光地があまりない。どちらかと言うと、香港のように食べ歩きがメインの都市だと考えている。

ということで、宿泊したホテルがあるクラークキー(Qlarke Quay)からスタートし、

マーライオン

チキンライス

Sim Lim Square

以上!!!!!

やはり短すぎる・・・。

ということで、この旅で経験したことを1つ紹介する。

上記を別ウィンドウで開くには下記のリンクをクリック。

シンガポールぶらり旅

明らかに値段が高そうな、しかも高層ビルの最上階に位置するバーに入店した。

予約はしていなかったが、店内を見渡すと結構席は空いている。しかしだ、

席がここしかないが良いか?

と、受付前の小さな席、というか、待ち合わせ用の席かこれは?といったところに通された。

なんじゃそら!と思いながら、まぁどこで飲んでも一緒なのでそこで座ってメニューをパラパラ。

結構高いが、まぁ、高級ホテルのバーに比べるとそこまでは高くない。

おつまみもおいしそうだ。

そこは地ビールも作っているとのことで、まずは地ビールと肉系のおつまみからスタートするとした。

注文後にウェイターから

「クレジットカードを先にあずけてほしい」

という。まぁ、後から処理するのがめんどくさいから、先にするのかな?と思いながら、そもそもクレジットカードを預けるなんて、簡単には納得できない。

そこで、なぜだ?と確認するも。正直わからない。何度聞いても、納得がいかない回答。

まぁ、怪しそうなところではないのでクレジットカードを預けた。

とすると、5分後、マネージャーと思われる、少し対応がきちんとした人が

「他の広い席が空いているので移動してはどうか?」

と提案。

???さっきは席がない、と言っていたよね?どういうこと?

と思いながらも、まぁ、広い席に移動できるので移動した。

で、店内を観察していると、どうも私を見られていたようだ。つまり、

お前お金なさそうやからどうせすぐに帰るんだろ?だから席はそこの小っちゃいところでいいな。

ということだ。しかし、カード(ちょっと良いカード)を出した途端、その対応が一変。

ちゃんとした対応、というか、今までよりも明らかに丁寧な対応に激変!!!

日本では今ではこういった対応は全くなくなったが、海外では未だに健在であることを思い知った。

でも、この対応、普通といえば普通で、お金をたくさん使ってくれる人とそうではない人を区別しており、店側としては売上の最大化を狙っているだけである。

と言っても、その悪いほうの対応を受けた側としては面白くないので、その店でいろいろ嫌味を言って帰ってきた。

「なんで席空いていたのに向こうの席に座らせたの?」

「なんで、このカードを見せた瞬間から対応が変わったの?」

「俺、お金ないように見えたの?」

「そこんとこどうなの???」

といろいろ聞いていると、ピーナッツセットを無料でサービスしてくれた。

だって、既にその店でかなりの金額注文してるもんね!!!

やはり、世の中お金ですわ。


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

2 + 2 =