オーストラリア タロンガ動物園ぶらり旅

前回。シドニーでの初日の旅である、ブルーマウンテンズ鉄道ぶらり旅を紹介した。今回は、シドニーのタロンガ動物園までの旅の記録を記す。

タロンガ動物園

タロンガ動物園はシドニーで一番人気のある動物園かと思う。とりあえず、オーストラリアの動物を網羅している。

また、予約をすればコアラに触れることができるので、それが目的で訪れるのもよい。

上記を別ウィンドウで開くには下記のリンクをクリック。

オーストラリア タロンガ動物園ぶらり旅

こちらに行くためには、フェリーで渡ると便利である。しかも、フェリーの上からシドニーのベイサイドが一望できる。

写真にもあるが、オペラハウスの写真を海の上から収めることができる。

日程

動物園を堪能したいのであれば、1日かけても良いだろう。

しかし、一般的には半日観光というところか。朝からタロンガ動物園に行き、午後はシドニーの市内観光、なんてプランが良いだろうか。

因みに、私の場合は、朝からタロンガ動物園、午後からはシドニーガジェット探しの旅、とまぁ、いつもの工程ですわ。

しかし、シドニーはガジェットが少ない!!!PCやその周辺機器であればいろいろ調達できるが、スマホ系となると、電気屋ですら日本の電気屋以下のラインナップしかない。

携帯キャリアに行くと、確かにめずらしい機種は存在するが、昔と違いオーストラリアはSIMロックが主流になりつつあり、残念ながら購入は見送った。

因みに、SIMの話が出たが、世界の流れとしてはSIMアンロック(SIMフリー)からSIMロックが主流であり、日本と全く逆転している。

普通に考えると、顧客を囲い込むためにはSIMロックのほうが良い。

その方向に進んでいるのが日本以外の国々だ。

逆に日本はSIMロックが良くない風潮があるため、総務省主導でSIMロック解除を推進している。

どっちが良いかはなかなか難しいところであるが、これは国が関与すべきことではなく、市場に任せても良いのではないかと個人的には考える。

少し話が逸れたが、シドニーには別にも動物園があるが、いろいろ楽しむのであれば、タロンガ動物園をおススメしたい。

まとめ

シドニー2日目、とりあえずシドニーの街中を探索した。

因みに、お土産物屋がたくさんあるが、大半のものが空港の免税店より高いことに驚いた。普通、空港の免税店のお土産価格のほうが高いのだが、シドニーは異なる。

どうしても気に入って絶対に欲しいもの以外は、空港の免税店で調達しても良いかと思う。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + fourteen =